So-net無料ブログ作成
検索選択

2012年3月20日 帰国日

一ヶ月くらい前から航空券は取ってあって、日程も決まってたんですが、
ここ数日、月末から来月上旬の予定を話している時に、話が噛み合わない事が多く、
そういえば告知してない事に気づきました。

3 月 25 日の夕方に成田に着き、
3 月 31 日に福岡へ移動して、
4 月 2 日に成田へ戻り、
4 月 11 日にバンコクに戻ります。

その間、日程合いましたら飲みましょう。
ご連絡ください。

年度またぎでバタバタしてそうですが。

とりあえず 26 日は確実に東京に行きます。
4 月 3 日はフクアリで女子サッカー観ます。一緒に行ける方、ご連絡ください。

とりいそぎ、そんな所です。


2012年3月18日 ムアンバに幸運を

千葉の快勝ではしゃいでた所に、シャレにならない深刻な事態が。
FA 杯準々決勝のトットナム vs ボルトンにて、ボルトンのムアンバ選手が倒れました。
試合は前半 40 分過ぎくらいで、続行不可能となりました。

うつぶせの状態で倒れていて、担架に乗せようとして仰向けにしようとしていましたが、
それすら出来ない状態の様に見えました。
カメラがそれ以上撮さなかったので、それしか分かりませんが、
逆に察するに、それくらいのただならぬ状況だったことは容易に想像できます。
事態は相当深刻だと思います。

ムアンバ選手の無事と幸運をお祈りします。


2012年3月11日 しゃあない

相手京都だししゃあないよな。
普通に負けたな。強いな、しかし。
ウチ、バラバラにされてたし。
んでもってバタバタしまくってたし。
あるタイミングでゴールが決まってれば、
展開は全然違ってたんだろうけど、
まぁ、まっとうにサッカー的な展開が流れたという所でしょう。

レジナウド(改めレジナルドが公式らしいけど)獲得で浮かれすぎてました。
えぇ、まだまだ我々は J2 レベルです。
J1 に上がってもやってけるようになる為に、
今年はじっくり上げていかなきゃなりませんね。
開幕戦で伸びきった鼻を、優勝候補最右翼に当たり前のようにポキッと折られました。

謙虚に行きます、謙虚に。
行きつつ着実に勝ち点は重ねて、チーム力もあげて。

ユーヴェも思った通りこの辺で失速だし。

とりあえず飲ませて下さい。
そして謙虚に、今後は。


2012年3月10日 さて J1 開幕

Justin 復活 !!
これで J リーグもそこそこ観られます。結局観られなかった理由は何だったんだか。
bet 365 も何度か試せば観られちゃったりするんで、なんかここに来てありがたいです。
がしかしタイとパートナーシップを結んで毎節 J1 がタイの地上波で放送するってなったのに、
今日はどこもかしこも全然やってません。どういうこっちゃ。
と思ったら明日、柏の開幕戦が J1 では一試合だけ残ってるんですね。
多分それを放送するんでしょう。違ったらテメコノヤロ約束守れゴルァですが。

でも明日は J2 なんですよねぇ。地上波で観られても、ネットで千葉観られたなら、
回線の不安を抱えたままでも無論千葉を観るわけで。
土曜にやってる J1 をちゃんと放送しましょうよ、タイでは。ねぇ。

しっかしこれでまた週末の昼は J リーグで夜から欧州リーグで、
一日 5 試合とかが普通も珍しくないアフォ生活がリスタートです。
メシや風呂のタイミングがサッカー次第になるわけです。

いやぁ、嬉しい。ようやく始まったな。


2012年3月9日 最近思うけど日本ってくじ運よくね?

日本はオーストラリア、イラク、ヨルダン、オマーンと同組=サッカーW杯アジア最終予選

worldcup2012asia.jpg

W 杯最終予選の組み合わせ抽選会が行われ、グループ分けが決定しました。
かなり恵まれた組み合わせになったと思われます。
オマーンをもってきて、カタールを避けられた段階で、下位グループは満点でしょう。
今回カタールは色々やってくるんじゃないかなぁとも思いますし、
自国開催前に一度は出ておきたいというのもあるでしょうから、
そういう意味では今回はチャンスと見てるんじゃないかと思います。
そうなるとまぁ、アウェイとか面倒ですよね、色々。経験則で考えると。
気候的にも環境的にも笛的にも。
なのでこれを避けられたのは大きいですな。

で、ウズベキスタンかイラクかって話で、最近ウズベキスタンに苦戦してるせいか、
イラクの方がいいって思う人の方が多い気がしますが、
個人的にはそれでもイラクはちょっと嫌だったなぁ、と。
監督がジーコで、それは心情的に嫌なだけなんですが、
勝ち運とかが強いのも知ってますし、相手にするとなると、ちょっと嫌だってのもありますね。
まぁ味方だったらもっと嫌なんですが。
それを抜きにして、イラクは普通に強いし、最終予選となるとドーハ以来じゃないですかね。
嫌な思い出もありますし、トラウマ的に少し避けたかった気がします。
ウズベキスタンは苦戦したと言えども、
今度やったらそうそう負ける相手ではないと思いますし。
ただ、ウズベキスタンはアウェイがしんどくて、
中々力が出ないアウェイらしい展開になってしまうので、
それが無くなっただけでもいいかもしれません。
でもその分イラクのアウェイって・・・。どうなるんでしょうか。
しかも最終戦です。コンフェデ直前ですし。

そして問題のポッド 1 ですが、オーストラリアを引きました。
正直、韓国の方が弱いと思いますが、怪我させられますし、
買収類のインチキだったり現地での嫌がらせ等の妨害行為だったり、
そういう面倒臭い点もありますし、ヘタこいて負けたら死にたくなりますし、
韓国もポカしたりして下位チームに勝ち点がわたってグループがカオスになったりするし、
とにかくまぁ、関わり合いになりたくないので、これはオーストラリアでよかったです。
確かに韓国がいれば最終予選自体は盛り上がるでしょうし面白いでしょう。
でもワールドカップの最終予選なんですから、そんな娯楽的な要素はいりません。
ですので、これは本当によかったと言えるでしょう。

そうやって考えてみると、日本ってホントにくじ運に恵まれてるなぁ、と。
ポッド 2 に落ちたのも、この結果を見たら、導かれたかの様です。
一方韓国はこれはかなり厳しいと思われます。大苦戦必至でしょうね。
苦手のイランと同組で、面倒なカタールに、しぶといウズベキスタン。
この 3 チームは、アウェイがヤバいので。ヘタすりゃウハウハでわっしょいな事に?
えぇ、希望します。

なんて韓国の不幸を笑ってたらブーメランで帰ってくるので、一応今は黙りましょう。

まぁ、相手がどこであれ、最終予選ですから、また余計なヒリヒリを味わう事になるんでしょうね。
楽しみですけど、楽しんでいられないでしょうね。


2012年3月8日 日本のチームを応援しなかった初めてのパターン

DSC02179.jpg
東北産ぶりーらむこまち

行ってきましたブリーラムまで ACL ブリーラム・ユナイテッド vs 柏レイソル観に。

急な展開で前日に現地入りする事になりましたが、なんとか夜中に辿り着き一泊。
翌日のゲーム当日昼過ぎにスタジアムに行きチケットを購入するためにブースに並びました。

そこで販売員の方は我々を日本人と観るや、何枚?と聞いてきました。(タイ語だけど)
3 枚と答え、無事ゲット。
チケットを確認すると、その時点でまだ販売が開始されてなかった、
アウェイ側のゴール裏になる事が判明しました。融通利かせて売ってくれた様です。

この時点で私は、基本的に全くの中立ポジションに立ってまして、
特にどちらのチームを応援するとかは無く、サッカーを観に来たというスタンスでした。
がしかし柏は仮にもお隣さん。不肖のマイチームの永遠のライバル(笑)。
まぁ、もはやライバルとも扱ってもらえないくらい今は引き離されている状態ですが、
それでもやっぱり心情的には柏を応援するには葛藤があります。
がしかし柏は日本のチーム。出場チームの活躍が今後の日本の出場枠にも影響を及ぼす以上、
ここは J リーグを代表して勝ち進んで頂かなくてはならないという側面も。
なのでどう転んでも中立ポジションでの観戦スタイルにならざるを得ないな、という感じでした。
従いましてアウェイ側の席のチケットを手にしましたが、
柏のコアサポーターが集う一画からは距離を置いて、
彼らの邪魔にならないように端っこの方でおとなしく観戦しようというスタンスが固まりました。
これが代表の試合だったら日本人として無条件に応援しますが、今回はクラブチームです。
無条件に日本だから応援するというわけでもない感じでして。
例えばバルセロナのサポーターがスペイン代表は応援しますけど、
レアルマドリーをチャンピオンズリーグで応援なんて絶対しませんし、
それどころか絶対的に負けろと思ってるわけです。
そこまでではないものの、つまりはそういう事なわけです。

そしてそれから市内へ戻り時間が来るまでブリーラムの微妙なモールで地方都市感を満喫し、
頃合いを見てスタジアムへ戻りました。

開場までの時間を、タイ人の子供とサッカーしたりして楽しみ、
さてそろそろ時間も時間だから、入場しましょうかと相成りました。

入場ゲートに近づき、自分のゲートを確認した瞬間に悪い予感が走りました。
該当するゲートは明らかに向かって一番左側のゲートで、
外から確認できたんですが、柏のコアサポーターはゴール裏の一番左端にまとめられてました。
つまり、柏サポの集まるブロックに席が指定されてしまっているんじゃないか、と。

そんな時の予感は基本全てまるっと当たるもの。柏サポのブロックにアサインされていました。

チケットには席の番号が印字されてはいましたが、まぁ所詮は自由席同然です。
それならそれで適当に距離を置いて、離れた所に座ればいいやと考えました。
がしかしそこが ACL 。柏サポが集められたブロックはその一番左に集約され、
そこから向こうはフェンスで区切られ通路も鍵を閉められ、完全に隔離されています。

それならそれで致し方ない。前方に集まっているサポーターから離れて座る為、
スタンドの上の方にあがっていきました。

がしかしここでまた問題が。
会場のスタジアムは非常に観やすいサッカー専用スタジアムではあるのですが、
いかんせんサポーターが持参するフラッグなどを張るスペースがありません。
そのせいでフラッグは全てスタンド上部に客席を覆うように張られてしまっています。
これだと大して彼らと距離を置いて座る事ができません。
どうしたものか。まぁ、仕方ないか。座れる限りの一番後ろに座るしかないか、と。

違和感を感じたのはそんな時でした。

前を向いたら柏のサポーターの多くがこちらを舐めるように凝視してきています。
それはもう、気持ち悪いくらいに舐め回すように足先から頭のてっぺんまでジロジロと。
その理由はただひとつ。同行者がブリーラムのユニフォームを記念に買って、
それを着用していたからです。
ちなみにそれを 「着ないの?」 と促したのは私なんですけどね、テヘペロ。

いくらアウェイ側とは言え、ある程度距離を置いて観られるはずだと思っていたのに、
まさかこんなゴリゴリのコアのど真ん中に放り込まれて、
尚かつそこから距離を置く事ができないとは想定外。

そんなコアなサポーターの位置取る所に、敵チームのユニを着て乗り込んだら、
まぁそりゃ刺激する事になりますわな。それは、しゃあない。
なんだか彼らをアテンドするタイ人に対しても、「あぁいう人は入れるなよ。」というクレームが、
我々の耳にも入るくらいの感じで言われていて、まぁ白い目、大顰蹙。

気持ちは察するに余りあるし、それは決まり事としても無しでしょう。
そんな感じになってしまうのもこちらも不本意ですし、正直多少こちらも気分悪いですし、
ならば他のブロックに移るのが得策かと考えました。

なので観客席から降りてコンコースに戻りました。
そこで柏サポのアテンドをしていると思われるタイ人の方がやってきて、
ブリーラムのユニフォームを着てる同行者に、柏のユニフォームを差し出し、
それを着て観戦する様に言われました。

事情はわかります。でもそこで私はスイッチが入ってしまいました。
なんで着替えなきゃいけないんだ、と。強制されなきゃいけないんだ、と。
まぁ、厳密に言うと当事者ではないというか、私が言われたわけではないんですが。

いやいや、なんで?どうして服を着替えさせられなきゃいけないの?
しかも柏のユニフォームを着るなんて、無理でしょ。
まぁ、着させられようとしてるのは私じゃないんですが。

そんなこんなしてると、コンコースの上の方から、良識のある柏サポの大人の方が、
「ユニフォーム交換しましょう。それで一緒に観戦しましょう。」と提案してきました。
いや、それは落としどころとしては、あなたの中ではアリかもしれないけど、
そういう問題じゃないんですよね。気持ちはありがたいんですが。
同行者も同行者で、ちょっとポイントがズレてるその提案に対しサクッと、
「いや、これ、お土産で買ったんで。」とお断り。
事態は次のステージへと移り始めました。

ただその段階で私は全くその状況を深刻に捉えてはいませんでした。
チケットが売り切れ・満員御礼状態なら深刻にもなりますが、
明らかにそうではないので、場所を移るくらい何の問題もないだろう、と。

そこでアテンドするタイ人と話をしている内に現れたセキュリティ担当者。
恰幅のいい、強面な警備員に事情を説明し、席を替えてもらう様に言いました。

当たり前のように通るかと思っていた事が、これがまた意外な方向に転がり始めました。
警備員の答えは、「ダメだ。認められない。」

意味がわかりません。確かにチケットに座席番号は指定されているものの、
サポーターの一画でそれを律儀に守っている人間なんていないし、
柵で遮断されている同じゴール裏スタンドの向こう側に我々が移った所で、
指定席が形骸化している現状で、何が問題でしょうか。何も問題なんてありゃしません。

ここはタイです。語弊なんて全く無いと確信した上でいいますが、
この手の問題で融通が利かない状況なんて皆無です。
それなのに警備員のこの対応。あまりに想定外だったので聞いてみると、

「これは AFC の指導・監査の元に行われている ACL の試合です。
 AFC の方から強く言われていて、きっちりとした運営を求められています。
 ですので、こういったケースも認められません。
 柏のユニフォームを着て、スタンドに戻って下さい。」

なるほど。そういう事ですね。クラブが AFC から厳しく言われていて、
グダグダな運営を認めないという事で、こんな末端までカチコチにしてしまってるわけですね。

だけどユニフォームを着替えさせてってのが納得いかない。
というか入る段階からそうだったんだけど、ペットボトルをコンコースで売ってるくせに、
観客席に持ち込みは禁止だし、カメラだってデジカメや携帯で撮影するのはいいけど、
イチデジみたいなでかいカメラは禁止、だとか、理由が分からない規制ばっかり。
じゃあいいよ、それは受け入れるけど、どうして?理由を説明して、と尋ねると、
私にも分かりません、との答えが返ってきたりで、つまりは運営自体が、
慣れない規制に振り回されている感じなわけです。
そこで更にユニフォームを着替えろという指示。
そんなの着替えりゃいいじゃん、って話ですよ、えぇ、そりゃ。
でもこちとらとっくにスイッチ入ってて、んなもん受け入れられるわけないんですよ。

柏アテンドのタイ人と警備員と私とでひたすら話込みはするんですが、
結局警備員が責任を負わされるという事で思考停止の「ダメ」ばかり。
それの堂々巡りです。
だって席は空いてるでしょ?そこに移るのに何の問題があるの?
同じ値段の席でしょ?同じカテゴリーで空いてる所に移るのがなんでダメなの?
と言っても、いや ACL だからの一点張り。
わかった。じゃあひとまず返品しよう。それでチケットを買い直せばいいでしょ?
と言っても、返品は出来るけど払い戻しは出来ない、なんて思った通りの杓子定規な返答。

いい加減ムカついてきたので、それなら売った側に問題があるだろう、と。
俺等が買った時に、何のアナウンスも無かったぞ、と。
これは柏のサポーターの席ですって言ってくれれば俺等も断れたよ、と。
別に俺等は柏のサポーターの席を要求したわけでもないし、
俺等も他に移動できない隔離された席だなんて思ってもみなかったよ、と。
そんな特別なタイプの席を何も言わずに出してきたわけで、それは説明が必要じゃないの?
こちらがこの席をくれって言ったんならまだしも、俺等はそんな事全然知らなかったし、
日本人だからって事で勝手に判断したのはそっちだろ、と。

なんて、刺殺事件は刃物を売った人間が悪いみたいなアフォ理論を振りかざしてみたら、
これがアテンドタイ人に結構効果があって、それまでは警備員がダメの一点張りで、
アテンドが私に諭すみたいな関係だったんですが、それ以降アテンドがこっち側につきました。
説明しなかったのは運営側の落ち度だから、あなた(警備員)はチケットを交換するように、
然るべき所に話を通し、協力しろ、という感じになってきました。
警備員はそれでだいぶ、こちらの言い分に理解を示し始めましたが、
それでもやっぱり責任問題になるので、既に売れたチケットの交換は出来ない、
と同じ所に戻ってしまいます。

それならばと、なぁ、あなたは警備員だろ、と。
いいよ?俺はこのままこの中に入って行って試合を観たって。受け入れますよ?
でもいいの?それで。問題になりますよ?
柏のサポーターは私達の顔を見てるし、ヘタすりゃ喧嘩になりますよ?
彼らが殴ってきたとして、そうなったら警備員としてのあなたの仕事柄、
チケットの変更とかよりも、よっぽど大きな責任問題に発展しますよ?
えぇ、いいですよ?全然。そんなにもあなたがダメだと言うなら受け入れますよ。
でもあなたにとってもっと面倒な事になるんじゃないですか?

と言ったら、さすがの思考停止中の彼も考え始めました。
ここぞとばかりたたみ掛けます。

あのですね、私達は別に問題を起こしたいわけじゃないんですよ。
あなたは私達に問題を起こさせたいんですか?
私達があなたの言うようにしたら、とても気分がすぐれない状態ですし、
それは柏のサポーターも同じです。
そして殴り合いになるかもしれない。
私達はそんな事をしたくは無くて、ただ問題無くスッキリ楽しみたいだけなんです。
つつがなく事を運びたいだけなんです。
それが私達だけではなく柏のサポーターにも、そしてあなた(警備員)の為でもあるんです。
どうしますか?私達を柏のサポーターの近くに座らせますか?

これでようやく山が動きました。警備員がゲートの向こうで当日券を売っている販売員に、
上司の連絡先を聞き連絡を取り、交渉してくれるようになりました。
その間同時進行で、仮にその当日券販売をしているテーブルに日本人がきて、
当日券を 3 枚以上求めてきたらその場で私達の分を売り、私達は改めて、
そこ以外のブロックの席を買い求める、という状態になりました。

結果 15 ~ 20 分くらい経ったでしょうか。連絡があり、要求が通った知らせを受けました。

私が代表して警備員と一緒に赴き、無事に代替のチケットを手にしました。
チケットを受け取り、警備員の彼に言いました。
「日本人だってブリーラムを応援してもいいわけでしょ?」
するとそこで強面の彼が初めて相好を崩し、「もちろんです。」と言います。
「これでやっとブリーラムを応援できるよ。」
そう言うと彼は、彼自身引っ掛かっていたであろう懸念が晴れた様な表情で笑いかけてきました。


すったもんだあった挙げ句、スタジアムに入った時にはもう試合が始まってました。

おかげで中立だったポジションも、柏を少しでもサポートする気も失せたので、
心置きなくブリーラムを応援する気持ちになりました。
100 % 全ブリーラム派で全力スタンスです。
結果、まさかのブリーラム 3 - 2 の勝利。
周りのタイ人とハイタッチしまくりで大盛り上がり。
全てはこの結果に繋がる課程だったと理解しました。

お陰様で行った甲斐があったと心底思う事ができました。

そういう意味では全ての登場人物とシチュエーションに感謝です。


2012年3月5日 あかん、優勝してまう

【J2:第1節 千葉 vs 山形】レポート
開幕、快勝っす=犬の生活2012 VOL.1 (1/2) J2第1節 千葉 2-0 山形


深井の真骨頂。よく諦めずに走ったぞ!!


武田借りパク決定。レンタルだけど、もう返さない!!


さて、いよいよ新しいシーズンが開幕しました。ご覧の通り、快勝!!
ホルホルッ!!!
新戦力の藤田が 2 得点して、左サイドバックの武田がアシスト記録。
補強が的確すぎて怖い。フロントがいい仕事してて怖い。
更に無理だと諦めてたレジナウドまで獲っちゃって、こりゃ無双間違いなし!!

と序盤に浮かれてフラグ立てて昨年残留させたのが私です。
でもいい。そんなの怖くない。踊るぞ、踊ったるぞ!!

いやぁ、開幕したなぁ。嬉しいなぁ。

そして次は早くも京都との対決。
京都は開幕戦いきなり湘南に対してポカやらかしてるので、
開幕二連敗は避けたい所でしょう。
さすがに無理ゲーかもしれませんが、引き分けでも御の字ですぜ。
どうせならレジナウド合流後に京都とやりたかったな。

次の週末は J1 も開幕してるし、香川も絶好調だし、宮市もスタメン確保してるし、
もう週末が楽しみでしょうがないです。


2012年3月4日 開幕直前に超朗報

Reginaldo va in Giappone
レジナウド Jリーグ、ジェフ千葉へ

無理だと言ったらすぐにキタコレ!!!
超絶外国人獲得。J2 独走で来期 J1 制覇のお知らせかっ!?
ちょっと、フロントが仕事しすぎで怖いんですが。どうしちゃったの?
やっぱ諸悪の根源はアフォ社長の系譜か。
ついにそれが断ち切れたのか。よし復活だ!!

というわけで開幕数時間前に未確定ニュースで踊りまくってるわけですが、
今期から昇格にはプレイオフが加わり、自動昇格の枠は 2 つに減りました。
残り 1 枠を 3 ~ 6 位で行われるプレイオフで決める事になります。

正直、プレイオフ確定だろと思ってたんですが、
レジナウド獲得(予定)で、これは自動昇格あるでぇ~。

それを踏まえて今期の J2 予想。
1 位 京都
2 位 千葉
(以上、自動昇格)
3 位 東京V
4 位 甲府
5 位 山形
6 位 北九州
(以上、プレイオフ)
で、甲府昇格。
徳島は昨シーズン限りです。
昨シーズン昇格できなかったのが今後ずーっと響く事でしょう。

以上、特に罰ゲームも設定しない無責任予想でした。

さぁ、今年は手応えあるぞ、昇格だっ!!



2012年3月3日 ジーコさん、お誕生日おめでとうございます。

恒例の、シーズン開幕を告げるゼロックススーパーカップが行われました。
お隣さんがしぶとさを見せつけ、タイトル奪取しましたね。
もう、殿上人過ぎて妬みも湧いてきません。我ながら達観したもんだ。

まぁ、それくらいウチがダメダメなんですけどね。

さて、そんなウチは J1 より一週早く、明日開幕です。
待ち焦がれてたんだけど、いざとなると早いなぁ、あっという間だ。

今年は結構いい補強してるので、少し期待しちゃってます。
右サイドバックに本職がいないのと、超絶外国人がまだ獲れてないというの以外、
まぁ、強化部ちゃんと働いたな、と。
超絶外国人としてシエーナのレジナウドが噂されてましたが、まぁダメでしょうな。
もし来たら、お隣のレアンドロ・ドミンゲス略してレドミばりの超絶ぶりでしょうけど。
そして今年一年でバッチリフィットして昇格し、来年は優勝なんてお隣パターン、と狸の皮算用。
夢を見てよ どんな時でも すべてはそこから始まるはずさ
でももう遅すぎる 夢のまた夢

キャンプで調子が良かった米倉が骨折したのには参りましたが、
今シーズンはいい補強してて層が厚くなってるので、なんとか対応可能でしょう。

木山監督にうまくまとめてもらう事を祈りますが、うーん、ぶっちゃけまだまだ未知数なので。
嵌るといいな。ガシッと。
まぁ、楽しみに見させてもらいましょうぞ。

がしかし Justin で動画が映らなくなってしまったので、観られないだろうなぁ。
情報技術省だかなんだかそんな所にブロックされてるのか、FLASH のせいなのか、
イマイチ判断がつかないんですよねぇ。多分恐らくブロックされてる説が濃厚ですが。
こないだの代表戦もそうだったし、いい加減マジでこれの導入とかを考えてしまいます。
鍵穴じゃ全然話にならないし。

さーて、今日の夜はボルトン宮市 → ドルトムント香川 → ユーヴェの鬼三連戦だ。


2012年3月1日 ヤバい事になっちまった。ザックのやつがしくじった。



韓国が負ければ最終予選に至らずここで敗退という状況にワクワクしてたら、
やっぱブーメランでこちらに突き刺さってきました。
これで FIFA ランクで韓国に抜かれて、最終予選の組み合わせが厳しい事になりました。
第一ポッドから陥落して第二ポッドとなりますので、
ちゃんと勝ってれば韓国かイランかという選択肢だったのが、
これで韓国かオーストラリアかという事になってしまいました。

まぁ、イランのアウェイが無くなったというのをプラスに捉えるとするか・・・。

うーん、多少面倒な事になったぞ・・・。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。