So-net無料ブログ作成
検索選択

2012年1月30日 口角炎ようやく完治?

乾燥地帯から避難してきて早くも一週間ですか。
ようやく口角炎も治ってきた感じです。
まだ口を大きく開けるとピリッとしますので多少怖さは残りますが。

まぁ、外面はもう新しい肌できちんと再生コーティングされてますので、
ずっと剃れなかった髭を剃ろうかなと思っております。

ボーボーですが、日本では防寒も兼ねていたので。

実は口角炎の塗り薬を日本での最終日に買っていたのですが、
治りかけていたので様子見てたら結局使わず終いです。
腹痛で病院行ったら、先生に診てもらう前に腹痛が治まる的な現象です。
えぇ、例のアレです。


2012年1月28日 ローン・サバーイ

なんだか私が去ってから日本はドンドン寒くなってるみたいですが、
もはや対岸の火事ですハハハ。
暑くて快適ですバンコク

今回は口腔内工事のために致し方なく冬体験となりましたが、
もう今後は極力避けていこうと心底思ってます。

と思ってた所に某 daytona さんのインプラント失敗のお知らせが。
メチャ怖い。もう、ホント気をつけてあと 2 ヶ月半を乗り越えようと思います。
ブラッシングも、孫を愛でるように。


2012年1月23日 脱出

カツレツキッカに誘導されるレベルでやっとこさ脱出です。
寒い。寒かった。もう限界だ。

今からセキュリティーチェックが厳しい UA 物のコアファイターに乗り込みます。

いきまーす。

さらばニッポン。冬のニッポンは、もう当面勘弁。



2012年1月19日 口唇総鱗状態

カッサカサやで。

寒さは覇気を奪い取りますね。
どこにも行きたくなくなりますし、
何もやりたくなくなります。

口角炎やらでメシを喰うのも苦痛な状況で、
折角の日本なんですが、美味いもん腹一杯なんて夢のまた夢です。
歴代 3 位の連続乾燥記録達成中の中、唇も他人のものの様にカピカピです。

さて明日に再度通院してチェックして、
その後ちょっと無理して、外せない飲み参加。
って所で雪の予報キタコレ。
ねぇ、マジでそこまで歓迎してくれなくていいですよ。

・弱り目に祟り目
・泣きっ面に蜂
・口角炎に雪 ← New !!


2012年1月17日 顔面粉吹き芋

乾燥注意報継続日数歴代ベスト 4 絶賛進出中。
明日・明後日が 3 位決定戦だそうです。
なんでこんなタイミングで 6 年ぶりの帰国なんだか。
口角炎も一向に良化の兆しすら見えません。
シャワーも命がけです。
メシもコーヒーもすぐ冷めます。

そして恐らく単独 3 位の座を確保した後に、
金曜と土曜に久々に雨が降るそうで、雪の可能性もあるとか。
まさにその両日、東京で用事があるわけなんですが。
厳しい状況が、私をピンポイントで狙ってきてます。

今日で抗生物質を飲み終えて晴れて禁酒解禁ですが、
なんかイマイチ調子もあがらないので、ちょっと迷います。
飲まずに寝付けない生活を継続するか、
体調悪化のリスクをとって、解禁するか。

しかし日本の冬は厳しい。はやくバンコク帰りたい。切に。


2012年1月16日 日本人復帰無理今のままでは

なんか周囲の人々を見てると尊敬の念すら抱いてしまいます。
いやぁ、寒いのによく生きてるよなぁ、生活してるよなぁ、と。
冷蔵庫の中より寒いのに、と先ほど軽く会った地元の友達にも言いましたが。

口を大きく開けた状態で手術をしてたのが原因というか事の始まりだと思うんですが、
口の脇が少し切れてて、この乾燥も相まって、絶賛悪化中。
口角炎というらしいです。って左三行連続口って、縦読みの穴埋め問題かよ。

で、ものすごくおちょぼ口で食事しなきゃいけないし、話すのにも支障が出てます。
来てすぐに寒さで不自然な話し方したあまり舌を噛むし、その影響も残ってます。
なので今はメシ喰ったり、しゃべったりするのも不便です。
こんな後遺症がこんな形で現れてくるとは。
ってかやっぱ冬が一番悪いんだよなぁ。

これを受け入れ、乗り越えられる気概が無いと、日本復帰無理だな。
考えてないけど。まだ。


2012年1月12日 口腔内工事ひとまず完了

日本に戻ってきて寒さに面食らってる暇もなく、
といっても面食らいまくりながらなんですが、
今回の目的であるインプラント埋入オペを受けてきました。

今日いきなりやるのか、レントゲンで歯の状態チェックして、
出来る様なら来週に、とかなのか分からないまま、
とにかく行って即手術でもいいように心の準備だけして向かいました。

で先生と少し話してたら、ホントはそのつもりじゃなかったみたいなんですが、
私の都合もあるので、帰国日などから逆算して、
「今日お時間ありますか?」
という流れになり、えぇ、問題ないですこちらは、ということでそのまま手術。

ドリルで顎の骨に穴開けて、インプラントを埋め込み、縫合まで。

手術自体は全然拍子抜けで、痛みもなく楽チンでした。
が、今成田に戻ってきて麻酔が切れてきたので徐々に痛みが出てきてます。
まぁこれはしょうがないでしょう。痛み止めに少しお世話になるとして。

抗生物質も 3 日半分処方されたので、あぁ、これは少し酒飲めないなぁ、と。
助手のおねぇちゃんに術後の説明を受けて、2 週間は飲まないでください、
なんてご無体な要求を受けましたので、そこは交渉して譲歩を引き出し
なんとか 3 日半で済む方向で妥結しました。
来週チェックして抜糸、といっても溶ける糸らしいので抜糸しないかもですが、
順調に今日のオペが完了したので、今回の目的もいきなり果たしました。

風呂が NG というのが地味に、いや、大いに痛いですが。
無理でしょ、やってけないでしょ、このウンコ寒い中。


そうそう、ウンコ寒いです。なにこれ。
悪意がある寒さです。いや、殺意です。日本が私を殺しにかかってます。


2012年1月11日 日本の冬は6 年ぶり

2005 年の年末にタイに移って以来の、久々の日本の冬です。明日から。
その後、冬を経験したのはその後すぐのアイルランド
あとはワールドカップの南アフリカ、くらいでしょうか。

南アはダーバンに結構いたせいか大して厳しいイメージは無いので、
本格的な冬はアイルランド以来な気がします。
となると 6 年ぶりです。
今から戦々恐々です。

なんか最高気温 4 ~ 5 ℃とかいう噂が。
最低気温も 0 ℃とか。
洗礼にしちゃ随分厳し過ぎやしないか、と。
氷水で洗礼するなんて、なんてド S な教会なんだよ、と。

なんかあまりにもアレなんで現実味もなく、未だに他人事です。
準備も何もしてないし、明日出発と言っても早朝便なんで実質明日出来る事は無いし、
それに気づいてあわてて洗濯したり、
冷蔵庫の中の野菜をどう処理するかで悩み、
結局カレーにして冷凍パターンにしたりで、
その辺でバタバタしながらネットで現実逃避したりして。

ハァ・・・。向き合うか・・・。準備すっか・・・。


※追記 : と思ったら朝方に - 7 ℃になるらしい。 orz


2012年1月5日 12 日一時帰国

だった。って事は来週の今日だった。日本一時帰国。

目的は口腔内にボルト埋入工事する事なんですが、
そんな覚悟も全然できてないので、
一週間かけて心の準備をしたいと思います。

日本滞在期間中の為の予定の調整だったり情報収集だったりをしてたら、
多分自ずと実感も湧いてくる事でしょう。

なんか日本、冬ってやつらしいけど。


2012年1月1日 賀正

新年、明けましておめでとうございます。

恒例のセンターポイントペッブリーでの鍋パーティーで年越しをし、朝方まで飲み明かし、
これまた恒例の雑煮食べながら天皇杯決勝観戦@竹亭を済ませ、
ようやく一通りの年越し行事を終えました。
一緒に楽しんでくれた方々、ありがとうございました。

昨晩は白石ノボルタソが、いつも通り寝に落ちそうな所を突っ込んだらテレビの画面を観つつ、
「この私が、ボクシングを観ているこの状況で寝るわけがない。白石昇で wiki れカス。」
と白石さんウォッチャーとして、完全にニワカ乙的扱いをしてくださった、
その 5 分後には大イビキをかいて寝ていたりだとか、
我々も寝ようかと思った時に、何かに取り憑かれたかのように無言でスッと消えていき、
行方不明になって、電話しても繋がらず、挙げ句電話で叩き起こされ、
非常階段に閉じ込められている所を救出に向かわさせられたり、
と獅子奮迅の大活躍を見せて下さいました。

失踪の流れは定かではないですが、エレベーターの中で寝ていて、
誰かに起こされて、フロアに出たはいいが、取っている部屋が何階なのかわからず、
内線か何かで聞いて、今居る 3 階上くらいだという事を確認し、
ただエレベーターはカードキーがないと上に行けないので、
それなら非常階段で行こう、と思って進んだら、非常階段の扉は階段側からは開けられない為、
そこで閉じ込められて手詰まり、で私に電話して扉開けてくれ、と。
そんな感じの流れだったみたいです。
そして肝心の、それに至った理由や目的は何も分からないそうです。
そのモチベーションが知りたかったのに。

とにかくまぁ、今回も色々ありました。楽しかったです。

天皇杯は、内容がとても面白い試合でして、J2 同士の対決とは思えないレベルの高さでした。
4 - 2 で東京が勝ちましたが、点差の様な差がある内容ではありませんでした。
京都はユースが充実していて、若手が育ってきていて、小気味いいパスサッカーをしていて、
未来が非常に明るいなぁ、とただひたすら羨ましい限りで。
とりあえず自動昇格枠のひとつは埋まってしまったなぁ、と感じた次第です。

ACL 出場枠的な事から考えると、J2 のチームが ACL に出場するとなると、
ちょっとかっこがつかないし、日本の枠数もそれってどうなの?って話になったりするのも嫌だし、
そうなると東京は来期は J1 なので、一応体裁的にはよかったのかもしれません。
ただ個人的に言えば、京都が ACL 出場して過密日程になってヘロヘロになれば、
少しは不肖のマイチームの昇格の可能性が、という情けない理由でそれもアリだな、と。
結果、東京になったわけですが、東京も強かったですし、どれくらいやるのか楽しみです。

新年早々、面白い試合を観られて幸先いいです。
ただ、次から日程面が考慮されて、元旦決勝が最後になるかもしれないのが、
しょうがない事ではあるけど、残念でもあります。


とにもかくにも皆様の新しい一年が幸せなものになるよう、お祈り致します。
今年もよろしくお願い致します。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。