So-net無料ブログ作成
検索選択

2011年1月30日 大団円

意外だったのが 2 点。

まずザッケローニの采配。
就任以来、今までは様子見だったのか、あまり流動的にポジションを変更したり、
駒をフレキシブルに流用したり、システムを変えたり、というのがあまり見られず、
本人が繰り返し言っている、バランス重視の持つ意味はその辺にあって、
かなりコンサバなタイプなのかなぁ、と思ってました。
それが昨日は、実は今野を中盤のアンカーに移そうと思っていたりとか、
本人の意向を汲んでサイドに配置しなおして、長友をスライドして上げたりとか、
面白い事やってました。
テレビ画面で見てた範囲では、内田も上がってたし、
実質 3 - 4 - 2 - 1 なのかなぁとか思ってましたが。
でもやっぱスタジアムで観ないと、中々難しいですね、その辺も。
イタリア人の戦術オタクぶりを、今後もっと発揮してくれれば面白いです。
今まではちょっと、物足りなかったので。

次に川島。
南アからずっと思ってたんですが、川島は、中々前に出ない。
ちょっとしたクロスでも前に出てキャッチしてくれれば、
そこで相手の攻撃が断ち切れるので、ディフェンスとしてはすごく有り難いんだけど、
普通出るところで、かなり出ない。
それでヒヤリとする事が何遍もあったので、
どうも代表の新しい正ゴールキーパーとして認められずにいました。
それが昨日はバッチリでした。
幾つかのビッグセーブも勿論ですが、私はそこをすごく評価していて、
昨日のようなスタイルであれば、もう川口・楢崎時代から、
次期正ゴールキーパーを継承する事に、何の異存も無くなりました。
昨日の決勝戦での出色の出来は、間違いなく優勝に大きく貢献しました。

開幕時に言っていた、作りながら勝つ、という事を、
この上ない形で具現化し、大きな成果を上げたと思います。

体の各所に見知らぬ青アザが出来てて、昨夜の興奮のツケが来てますが、
なんともまぁ、幸せな痛みだこと。

ホント、大したもんです。よくやりましたよ。
おめでとうとありがとう。


2011年1月28日 ここはドーハだゼ? オゥケィw

さて明日いよいよアジアカップ決勝戦です。
ドーハの悲劇は、韓国戦の勝利が伏線になってますので、
喜びを爆発させすぎず、緊張感を解放せずに、
気を引き締めて、しっかり臨みましょう。
18 年前からの歴史というものを見せつけましょう。

相手は予想通りオーストラリアですが、
ウズベク戦の 6 - 0 は別に驚く結果ではありません。
オーストラリアが強いというより、ウズベクがアレなだけです。
開幕戦のカタール戦を観た時に、なんだこの低レベルな戦いは、と思ったもんでした。
そしてオーストラリア自体にも怖さはもう感じません。
キューウェルにも怖さは何も残ってないし。
ただ、いつもやられるケーヒルには、絶対にやらしちゃダメです今回こそは。

何よりも、ワールドカップ出場枠という下心のみで、
どこまでもオセアニアな分際でアジアに移ってきたやつらに、
アジアの頂点を獲らせていいわけがありません。
ダメです、そんなの絶対。認めません。
そういう意味での価値というのも、この決勝戦には含まれます。
大丈夫です。普通に気を引き締めて、自分たちのサッカーやれば、
普通に勝てます。韓国戦の前半みたいなサッカーできれば。

勝てばアジアカップ王者のトータル獲得回数でもトップになります。
あの日本が。えぇ、あの日本がですよ。
それにしても、改めて思うけど、強くなったもんだよなぁ。
おかげでこんなにも楽しめるわけで。

ロビンフッドに今のところ 8 人で予約入れました。
その中にはオージーが 2 人含まれてます。
明日は申し訳ないけど、遠慮無く眼前で喜ばせていただきますぜ。


2011年1月26日 なんとか、なんとか。

なんという日韓戦。あまりにも日韓戦。とてつもなく日韓戦。
こんなにヒリヒリする日韓戦、頭髪に悪いです。

日本からのつぶやきでも、かわいこちんから寡黙青年、
痛い中年から宇多田ヒカルまで、ヒリヒリしてたのが伝わってきました。
インターネットの中の人たちのレスの中で、

サッカーおもしろすぎワラタ

ってのが妙に感慨深かったり。
確かにエンターテイメント性に富んだ極上の試合内容でしたし、
殺伐度もクラシコレベルでしたので、ありゃいい試合だったろうな、と。
個人的には楽しむ余裕なんて勿論無かったですが全然。

さて、川島さん、ゴメンなさいでした。
PK になって、韓国キーパーがいいもんだから、
キーパーで負ける、って決めつけてました。
昨日の神降臨度は川口レベルでした。
素晴らしかったです。ありがとうございました。
あんな活躍見せてくれるんなら、えぇ、いくらでも手の平なんて返しますよ。


2011年1月25日 気が重い

ホントは避けたかったんだよなぁ・・・。
でも決勝でタイトル賭けてガチでやって負けるのも悲惨だし、
それに比べればまだここでよかったのか。
しかし完全に決勝だな、雰囲気は。
決戦ムードバリバリ。

日程的には有利ですが、韓国は状態がいいので、
苦しい戦いになると思われますが、なんとか、なんとか。

4 - 6 で不利かなと思ってますが、そんなの関係なくて、
負けたらまた暫く立ち直れないので、なんとか、なんとか。

今日もロビンフッドで観ます。

なんとか、なんとか。いや、マジで。


2011年1月23日 友人本帰国の為、買い取り人公募

金庫=価格未定
・変圧器=200~300B 数個
・中古日本語キーボード=100B (2個あります)
・電動水ポンプ=150B

欲しい方いらっしゃいましたら、お知らせください。


2011年1月22日 GOL さんが、『殺すリスト』から「カタール」を削除しました!

まぁ、なんというかあれだ、正義は勝つってやつだ。

やっぱあれだ、意地張ってないでカタール行けばよかった。

だけどこの勝利が、ドーハの悲劇での韓国戦みたいな事にならないよう、
喜びすぎず、気持ちを切り替えて。
まぁ次からは気なんて抜けない相手になりますが。

フラグ立ってしまうので書くかどうか迷う所ですが、えーい、書いちゃえ。
イラン頑張れ


2011年1月21日 その念、間違ってます

完全に勘違いしてました。
アジアカップの公式サイトで日程を確認してまして、
準決勝が QF2 - QF4 と QF1 - QF 3 となってるもんだから、
その数字が試合の順番だと思ってしまって、
そうなると韓国を準決勝で避けるには、あーだこーだ考えて、
それに則ってオーストラリアの試合を観ては、
韓国の試合経過を確認して、念を送ってました。
そして最終的にわっしょいな感じになって浮かれてたわけです。

ですが色々報道に目を通していると、なんか準決は韓国的な事が言われてて。
誤報道乙と上から目線だったんですが、ここでこっそり書かれてる事に気づき、
もう何というか慚愧に堪えません。 orz

来年の話をすると鬼が笑うと言いますので、とにかくカタールにきっちり勝ちましょう。 orz


2011年1月18日 追い風参考記録

しかしサウジがあそこまでグダグダだとは。
グダグダってのは予想してたけど、あそこまでとは。
中東の方のメンタリティって分かりやすいですな。
精神の制御がアレですよ。

おかげで最高の調整試合になりました。
前にも言った様に、作りながら勝つという事が、
今のところいい感じに出来ている様に思います。
柏木や伊野波、いや、吉田もまだそれに入りますが、
馴染ませるのに非常にいい機会だったと思います。
フォワードも点取ったし万々歳か、と。
まぁ、結果に関して言うと、あくまで追い風参考記録なわけですが。

しかしあそこまで緊迫感が無いと、こっちも無くなりますな。
試合中に余裕でトイレとか行っちゃってましたし、
内容の記憶もほとんどありませんから。


2011年1月11日 俺的名言改訂

努力した者が全て成功するとは限らない。
しかし成功した者は全て努力している。



料理した全てで怪我をするわけではない。
しかし怪我をした時は全て酔っている。



2011年1月10日 吉田、暴れっぷりは闘莉王レベル

まず最初に、ATOK すげぇ。闘莉王が普通に漢字で変換された。

さて次に、観た場所は、確認するだけの予定だった、たまご。
民放とか書いてたので UBC とか入ってないと思ってたら、
ちゃんと入ってたので観られました。
中に入ってしまったので移動も出来なくなり、OR キャンセル。
UG 氏、忙しいのか返事がなく、ちょっと気になってます。ゴメソ。
がしかしたまご音声のボリューム小さすぎ。
上げてくれる様たのんでも、ボリューム上げたら客の声も大きくなるからダメ、と。
まぁ、周りを見てもサッカー観に来た人なんて店主と件の T 氏らしき人のみ。
あとは普通にいつも通りの客っぽく、全然サッカー観てないし、
そんな状況だとボリューム上げるのは迷惑なんだろうな。
何事も受け入れる事が海外で生活する上での肝って事で、ギブ。

で試合。いやぁ、面倒くさい展開でした。
流石にあれをオウンゴールとは言えないでしょうが、
でもまぁ二試合目だけど実質代表デビューの吉田、
実質二得点で、闘莉王の後継者の素質充分な所を見せつけました。
大事なポジションだし、大事な人材なので、順調に伸びて、フィットして欲しいんですが、
変な星回りが以前から気になってます。
派手なのいいから堅実なセンターが欲しいと思われ。そろそろ。

ボールは保持してるけど、ペナルティーアーク周辺をキッチリ固められて、
決定機らしい決定機が作れなかったのと、
攻撃の駒の配置が、いまいち個性を引き出すに至らなかったのが、
攻めあぐねの原因でしょう。
アジアでは引いて守られるので、それをどう崩すかというのも、
長年直面してきた課題ですし、配置と合わせて、今大会で摺り合わせて欲しいです。
テストマッチ組めなかったけど、予選リーグの二試合をその機会と捉えて。
本番でそれをやるのもリスクが高いですが、一応優勝候補たる地位を築いている以上、
作りながら結果を出していく、ってのも必要でしょう。

次はシリアですが、サウジが負けるとは思わなかったので、
どうしても叩いておきたい相手です。
切り替えて、キッチリ勝って、サウジ戦に望みたい所です。

やな予感はしますが。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。