So-net無料ブログ作成

2010年10月24日 シャいごに夢を見てるやつに贈るゼ

DSC00762.jpg

白石昇氏のタイ全県(?)ライブツアー最終日、
LAST GIG @ KHAOSAN ROAD が行われるという事で、
カメラマン役も兼ねて、行って来ました。

DSC00766.jpg

(?)というのは、深南部ナラティワート県のみ、
情勢を懸念して、危機管理上の理由で踏破を断念したからです。
故に一県だけ喰い残しという、非常にむず痒い事態になったわけです。

DSC00765.jpg

そんな事もあって、最終日にカオサンで大団円を迎えるつもりの白石さんに対し、
ライブ終了直後にカメラを向けながら、お祝いインタビュー形式で、

「お疲れ様でした。道中、強烈な陽射し、深夜行動、眠気、移動の疲れ、色々大変だった事と思います。」

「さて、最南端県ナラティワートですが、こちらを踏破されていない件についてお伺いします。」

「タイ全県制覇を謳い敢行されて来たわけですが、ナラティワートを避けた事によって、白石さん自身がナラティワートはタイには含まれない、という深南部独立派のシンパとも捉えられかねない、政治色の強いメッセージを投げかけてしまう危険性を孕んでいる、という見方も出てきてしまいます。」

「それにより、頻発しているテロを助長し、無差別殺戮を肯定・幇助する結果にも繋がりかねません。」

「ここはひとつ、行動を以って白石さんご自身の中立的立場を知らしめる事が得策かと思われます。」

「敢えてナラティワートに赴き、粛々と他県同様ライブを行う事が、タイ全土の無血平定と愛国調和を祈念し、ニュートラルポジションの第三者からの、愛すべきタイ王国に対する平和を願うメッセージと成り得るかと存じます。」

「さて白石さん。ナラティワート。行きますか?行きませんか?」

と某 T プロデューサー調に、ナラティワート行きを半ば強制的に仕向ける事も考えてました。
でもまぁ本人が納得している様ですし、完全に充実感に満たされていた感じでして、
心も折れているかと思いますし、眠いでしょうから、仏の GOL でお祝いしてあげよう、と。
でも、これは終わりではなく、次回の完全制覇に向けてのイントロダクションだと解釈しております。

終了後、お決まりのポーズで締める、白石昇タソ(;´Д`)ハアハア
DSC00770.jpg

締める、という字は、諦めるという字に似ている。


最終曲 แร้งคอย と中折れアンコール





2010年10月19日 リスタート

カメラが壊れてツアー一時停止を余儀なくされていた白石昇氏こと、
ノボルタソ(;´Д`)ハアハア ですが、カメラが届いたようでツアー再開になりそうです。
まだバンコクいるようなら、再開前にまた部屋飲みにでも行こうかなと思ってるんですが。

さーて、いつまでも腐っててもしゃあないし、切り替えてくとすっか。
極力逃げ道を作らせないように気をつけながら進めないとな。
ってかまぁ、あんたが言ったんだろ、って状況もへっちゃらで来ると思われますが。
さ、がむばらる。


2010年10月18日 秒速 5 センチメートル

よく、耳すまと並んで鬱アニメと称される秒速 5 センチメートルですが、
カンボジア帰りのバスの中で観て、確かに死にたくなりました。
今日改めて観てみたんですが、やっぱ殺傷能力高いです。
で、なんでかって事でネット上では結構ポイントがズレてる解釈があったので、
私なりに理由を述べてみようか、と。モロに主観で。

耳すまと秒速、両方まぁ青春時代の話ですよね。
でこれら、要は自分の青春時代が深く関わってくるわけです、鬱になるにあたって。

童貞非リア充系がこれらを観て鬱になるのは非常に当たり前の話で、
耳すまはハッピーエンドに対しての自分の現実なんだこれ、と。
秒速はこんな切ない思い出も無い自分の現実なんだこれ、と。
これは至極シンプルに出てくる発想だと思います。

で私といえばどちらかと言えばそこそこ楽しい青春時代を過ごした側でして、
その私が主観で鬱になる、と言ってるわけでして、じゃ、なんで?って話です。

耳すまに関しては、もう戻れない、可能性に満ちた無敵状態のあの頃、ってとこ。
秒速に関しては、取り返しのつかない過去の過ちに対してってとこ。

耳すまはまぁ分かり易いので省きますが、秒速に関して言及すると、
過去が過去となってしまった現在、その過去の間に起きた失敗に対して、
現在である今、それに対しての解答は、結構自分で分かってるもんだと思います。
あの時ああすればもっと今より幸せだったのか、とブルーハーツは疑問を呈してますが、
ブルーハーツより大人になってしまった現在、断言できるわけです。
あの時ああすればもっと今より幸せだったんです、と。

その葛藤の領域に、土足でズカズカ踏み込まれて、否応無く現実を見せ付けられて、
それも全部こちとら分かり切ってる話で、で何か建設的なものがあるのかと言ったら全然無くて、
だから鬱になるわけです。
まぁ、色々乗り越えて生きてきてるわけですが、
生々しくリプレイされると、乗り越えた過去とは言え、やっぱ堪えるわけです。
で色々思い出して、思い返して、正解の流れをトレースして、
間違いの無い模範解答の人生を想像して、その刹那ニタニタして、
そしてふいに我に返り、鬱になるわけです。
数あるそれぞれのバージョンで。

個人的にはリア充も非リア充も両方鬱にさせる、とても優れた作品だと思います。
これ観て鬱にならない人は、余程失敗をしないで来れた人か、
余程自己保身能力が研ぎ澄まされてて、現実を直視しないように、直面しないように、
傷つかないように折り合いをつける能力が高い人かのどちらかだと思います。
勝ち負けで物事を判断しがちな人に多いタイプかと思います。
というか勝ち負けで判断してしまうが故、
負けを受け入れられないからドローに持ち込む、みたいな。
そういう人は、「うーん、観たけど、別に。」みたいな感じだと思います。

まぁ、乗り越えた過去にまたスタックして、そこからまた先に進むってのも人生か、と。
私はそれ、やぶさかでないタイプですので、この作品、琴線に触れました。


2010年10月17日 オーライビースィーッ

気を取り直して次のに向かうも、どうせ潰されんだろと思いつつ、
なにそれ妄想的夢見がち世代?厨二病?なんてシラけながら、
ちゃんとチンコ勃ててくださいよこの ED 爺っ!と一人ごちては、
ポシャる結末に向けまた粛々と話をセットアップしてるわけで。

虚しい。

千葉勝ったけど福岡も勝った。やっぱ、これはもうダメかもわからんね。



2010年10月16日 寛平ばりの引きずりっぷり

あ~ダメージでけぇ~。でけぇ~話だっただけにでけぇ~。

気を取り直して新しいのに取り掛かるも、なんか魂の抜け殻だ。
モチベーションの沈み込み具合半端ねぇ。

もう、色々自己規制してたものも開放していこうと思うんだゼ。
ラーメンとか寿司とか物欲とか散髪とかおねぇちゃんとか。
行くゼ。贈るゼ。オーライッ!


2010年10月15日 ふざけんな老害

金やっから頼むから黙っとけ。
モタモタしやがって。
また潰された。おじゃんだよ、また。
ここまで持ってくんのに、どんだけ苦労したと思ってんだよ。

最大の敵は身内ですね、わかります。

そして失意の中、銀行を出ると、どしゃぶりですね、わかります。

逆に歩きたくなったんで、ビショビショに濡れて帰ってきました。
さ、飲むか。



2010年10月11日 プラチナ世代(笑)

■ 日本がU-20W杯出場逃す U-19アジア選手権

なでしこ U-17 世界大会決勝で韓国に敗れ、
今日、ワールドユース出場を韓国に阻まれ、
明日も?
ワールドカップ招致も?

今回のアジアユースに関して言えば、ディフェンスが酷すぎる。
体格も全員小さくてアレだけど、ディフェンスの連動性や集中力が全然ダメ。
完全にボールウォッチャー。

というか全部ダメダメでした。
芝が酷いのはわかるけど、それは相手も同じ条件なわけで、
じゃ、なんで相手は強いパスをビシビシ通してるの?って話で。
芝が酷いから放り込みに走るなんて短絡的過ぎる。
しかもミスが多すぎる。つまらないミスが。
へなちょこのヘロヘロなパスばっか出してるから芝の影響をモロに受けるわけで。

というか全くチームになってない。全体の共通の意図が全く無い。バラバラ。
ポジショニングのバランスが悪すぎるから、セカンドボール全部拾われて、
来たボール大きく蹴ってクリアして、また拾われて、また蹴ってのリアクションサッカー。

そしてフィジカルもダメダメ。
弱い、競れない、走れない。
ファールでしか止められない。

全く以って監督が無能としか言えない。
全然チームを作れてないし、展開によっての対策も全く打ててない。
何を意識させて選手を送り出していたのか全く見えない。
あらゆる要素で、何を育成したかったのか全く以って不明。
市船でやっててくれたほうが、日本サッカーの為です。
これで二回目です。もう次はいりません。


2010年10月8日 リ・ゴワジャ

行ってきました久々のタワンデーン・クロンタン。
予約なんて反則技を知らない情報弱者は後方に席をゲット。
今回は結構待たされました。
B.M さんと、その地元の友達の嫁の弟さん、そのツアーで一緒になった邦人女子 2 名、
そしてゴワジャ従業員 2 名のトリッキー布陣。

DSC00743.jpg


今日も快調に咆哮ゴワジャ
DSC00742.jpg


隣のゴワジャはよく吼えるゴワジャ
DSC00754.jpg


歌いまくりで燃え尽きました。
若手ゴワジャ従業員と大合唱してたわけですが、
多分彼らのお父さんって私と同い年くらいな気がします。

今回は満喫しました。楽しかったです。
またなんかあったら行きたいです。歌えるやつで。


2010年10月7日 【改訂版】バンコク・エカマイ~アランヤプラテートバス情報

今日エカマイからカンボジア国境に向かった際に、時刻が変わる旨を知らされました。
今月の 18 日から改定になるそうです。
エカマイからの始発が 15 分早くなるのと、
アランヤプラテートの国境から、始発として 8 時発が追加されるようです。
で、気づいたんですが、以前のやつに書いてあった到着時刻ですが、
これは到着時刻ではなく、アランヤプラテート発の時間のようです。
なのでそれも合わせて時刻表をまとめます。

Dep EKAMAI to ARANYAPRATHER (Rong Gluea Market)
  ・06:15・
  ・08:30・
  ・12:30・
  ・16:30・

TEL 0897952219

Dep ARANYAPRATHET (Rong Gluea Market) to BANGKOK
  [EKAMAI]       [MOCHIT]
  ・08:00・        ・08:50・
  ・10:00・        ・11:30・
  ・13:00・        ・13:30・
  ・16:30・        ・15:30・
                ・17:15・   (2010年10月18日より)

TEL 08221377106


今日の旅のお供は「ハングオーバー 」と「トリック新作スペシャル 2 」でした。
ハングオーバー、最高でした。

2010年10月6日 ゴワジャ映像

14 อีกครั้ง



บัวลอย



LOSO 時代の曲も結構やってました。
ซมซาน なんかは二回もやりまして、
BOØWY の LAST GIGS での NO. NY 的な何か。プライスレス。

明日、21 時過ぎくらいにリベンジ大会 @ タワンデーン・クロンタン。
参加ご希望される方は、パッタナカーンでお待ちしてます。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。