So-net無料ブログ作成
検索選択

タイ人がコンダムとか言ってオイオイとか思うけど考えてみりゃ日本人も黒人な件

ビエンチャンのタイ領事館で、前日申請したビザを受け取るために、

早めに行って待つ事に。

なんでも行列がすごいらしく、悠長に受け取りに向かうと、

すげぇ待たされる、との事だったので。

サクッと受け取らないと、タイ行きの国際バスに間に合わないらしいので。

なので13時受取開始の所、一時間ほど前に到着しました。



張り切りすぎでした。誰もいません。一番乗り。

門に隣接するセキュリティの小屋の前に座り込む。



話には聞いてたんですが、暑い。メチャ暑い。

用意していた帽子をかぶり、長袖で日焼け対策を施したんですが、

もう、暑くてやってらんなくて。

で、傘持ってる事を思い出したので、日傘で座り込んで待つ事に。

結構イライラ。



少しすると、怪しい西洋人のおっさんがやってきて、

私とは少しだけ距離を置き、そこに座り込む。

さらに少しすると、LOSTジャックお父さんみたいな西洋人もきて、

さらに奥に座り込む。

そうやって自然発生的に列が出来ていきました。



列も結構な長さになった頃、一人の黒人がやってきました。

身の丈、私よりひと周りからふた周りでかい、まぁまぁ大柄な黒人が。

静かにフラフラ~とやってきて、なんだこいつは、とか思って見てたら、

その黒人、私の隣にある門の前にスイスイ~っと荷物おいて、

何事も無いかのように、門の前に立ち始めました。



明らかに割り込みです。本当にありがとうございました。



こういうの私、大嫌いなんです。

過去、アランヤプラテートで南朝鮮人に割り込みされた時の事も、

剛球GOLで書いたと思うんですが、

こういう民度の低さから被るストレスって、たまんないわけです。

なので、もちろん声をかけました。



G 「すみません。そこで何してるんですか?」

黒 「・・・。」 (門の向こうをずっと見て、聞こえないふり)

G 「あの。ビザを受け取りに来たんですか?」

黒 「・・・。あぁ?何だって?」

G 「だから、何やってんだって。ビザを受け取りに来たのかって。」

黒 「・・・。あぁ、そうだけど。」

G 「あの、すみませんけど、列の終わりで待ってもらえます?」

黒 「・・・。あぁ?」

G 「みんな待ってるんですから。あっちの最後尾に行ってください。」

黒 「・・・、あぁ?」



この段階で黒人は立ちながら、座っている私を見下しながら、

思いっきり睨んできました。

私は座りながら黒人を見上げ、睨み返しました。

30秒ほど徹底的に睨み合い、私は立ち上がりました。



G 「あのな、俺ずっと長い事ここで待ってんだよ。」

黒 「違う。お前はセキュリティの前で座ってるだけだ!」



ハァ???????

そしていよいよ、プッチ~ン。



G 「お前、何言ってんの?ふざけてんの?今の真剣な意見?」

黒 「・・・。」

G 「どう考えても待ってるっつ~の。全員それくらいわかってるっつ~の。」

黒 「・・・。」

G 「だからみんな俺に続いて列を作って待ってるんじゃねぇの?そう思わねぇ?」

黒 「・・・。」

G 「この状況見て、そんな事すらわかんねぇの?なぁ。なぁ。」

黒 「・・・。」

G 「なぁ。なぁ。答えてくれよ。俺の質問に答えてくれよ。」

黒 「・・・もう少し俺のことを尊重してくれ。」

G 「はぁ????何て????尊重????何で????」

黒 「じゃあ、俺にどうしろって言うんだ。」

G 「だから言ってんじゃん列の最後で待てってってか尊重って????」

黒 「お前の言うようにはできない。」

G 「意味わかんねぇ。俺の言ってる事、わかってる?なぁ。なぁ。」

黒 「・・・。」

G 「聞いてる?聞こえてる?」

黒 「・・・。」

G 「すいませ~ん。聞こえてますか~?質問に答えてくださ~い。」

黒 「お前の言うようにはできない。」

G 「はぁ????答えになってないんですけど。なぁ。なぁ。」

黒 「・・・。」



その後、何を言ってもダンマリ。話にならない。

どうしてこうも居座れるのか理解に苦しむが、

まぁ、自分の理解の範疇を超えた民度がそこにあるんだろうから、

それはそれで、こちらも妥協しなきゃいけないんだろう。

なので条件を出した。



G 「OK。わかった。本当は俺がトップだけど、いいよ、このポジションで。」

黒 「・・・。」

G 「あんた、ここでいいよ。でも一つだけ俺の質問に答えたら、な。」

黒 「・・・。何だ、それは。」

G 「たった一つの質問に答えてくれ。そしたらここでいいから。」

黒 「だから、何だ?」

G 「俺はさ、すごく知りたいの。こんな事が出来る人間のバックグラウンドが。」

黒 「・・・。」

G 「それぞれルールは違うだろうけど、少なくともこの状況の中でルールも常識も守れない。」

黒 「・・・。」

G 「そんな精神構造をしてる人間は、いったいどこの国の人間なのか、と。」

黒 「・・・。」

G 「どの国の考え方なのか、と。」

黒 「・・・。」

G 「だから教えてくれ。あんたは、どこから来た?」

黒 「・・・。」

G 「どこの国から来た?」

黒 「・・・。」

G 「答えてくれよ。あんたの国籍は?」

黒 「答えたくない。お前だってそうだろ?」

G 「俺は日本から来た○○××。19××年××月××日生まれだけどあんたは?」

黒 「・・・。答えたくない。」



そこで私は諦めて、力一杯肩をすくめて手のひらを上に向け、

G 「は~い。じゃ、お好きにどうぞ~。」

と、投げ槍に言い放ち、また座り込む。



しばらくしてその黒人は黙って後ろの方に下がって行きました。

まぁ、最後尾じゃなく途中でまた割り込んでるんですが。



パスポートを受け取って、行列の横を逆行して出口に向かうと、

その黒人が並んでいました。

私はそいつの肩をポンッと軽く叩き、擦れ違いました。



よくある事ではあるけど、やっぱムカついたもんで長々と書いてしまいました。

ビエンチャンへ行ってきます

突然ですが今晩、夜行列車に乗ってラオスの首都ビエンチャンへ向かいます。

久々に電車に乗ることにしたので、かなり楽しみです。

まだチケット取ってないんですが・・・。

もし取れなかったら、そのまま地下鉄でチャトチャックまで行って、

そっからモーチット2に行って夜行バスになりますが。

タイの寝台列車に乗るのは何年ぶりでしょうか。

夜行列車は10年ぶり。寝台列車は12年ぶり。

タイの寝台列車は快適で、ヨーロッパのクシェットより全然サバーイクワー。

でもチケット取るのが直前だから、上の段取れないかもな・・・。

まぁ、ビール飲み飲み行きますわ。

夜行列車で行く一人旅。帰りはタイの田舎町(イサーン地方)経由でバス・・・。

一週間前後の旅を考えておりますが、

2泊とかで即、帰って来る可能性もあり。

とりあえずその辺の予定は無い様なもんです。

では、出発まで2時間半を切ったので、行かなきゃです。

チケット取れるかな・・・。

BIG当選

6億円キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!??



とまぁ、思わせぶりな当選結果照会に踊らされるほど青くはないっす。

でも、当たってることは間違いない、いつもと違う照会画面。

In totoオフィシャルウェブサイト

6億円 だったらいいな この当たり

程度なもんで、照会画面を開く。



やっぱりね。まぁ、そんなもんね。

って事で初当選。BIGを初回からほぼ毎回買い続け、ようやく4等当選。

今回の当選結果は、こちらをクリックでご確認いただけます。



でもねでもねやっぱそうなるとね、何が外れてたのかとか気になるわけさ。

でねでね、よしゃーいいのに、チェックしてしまうわけさ。

んでもってね、結果が分かってるのに、「おぉ、来てるぅうう!!!」とか興奮してるわけさ。

あまりにも無意味に。 まぁ、楽しいからいいんだけど。



で、判明した、外れた3つのカードを知り、愕然。



一つ目。浦和vs大宮

私のBIG君は有難い事に浦和の勝利にマークしてくれてましたの。

えぇ、マークしてくれてましたの。



でな・・・



なんで普通に浦和が勝たんのじゃぁあああ!!!!

普通に浦和がサックリ勝ってくれてたら、95,022円だったじゃないかぁあああ!!!

今月一ヶ月、生活できたじゃないかぁあああ!!!

死ねっ!!3回死ねっ!!



二つ目。愛媛vs仙台

私のBIG君は有難い事に仙台の勝利にマークしてくれてましたの。

えぇ、マークしてくれてましたの。



でな・・・



なんで普通に仙台が勝たんのじゃぁあああ!!!!

普通に仙台がサックリ勝ってくれてたら、2,644,323円だったじゃないかぁあああ!!!

わかりやすく書くと、264万4323円だったじゃないかぁあああ!!!!!!

って何じゃ!?後半44分に失点って何じゃぁあああ!!!!!!

死ねっ!!8回死ねっ!!



三つ目。福岡vs鳥栖

これはまぁ、しょうがないね、私のBIG君。

鳥栖にマークしてたのはちょっとね。

鳥栖の勝利は、ちょっと無茶。冒険が過ぎたよね。



でもな・・・



そこは勢いでどうにかせぃやぁああああ!!!

上記2項目が当たってたと仮定して、その勢いでどうにかせぃやぁああああ!!!

したらろろろろろろろ600,000,000円わかりやすく書くと6億ぅうううう!!!!

死ねっ!!6億回死ねっ!!勢いなく苦しんで死ねっ!!






まぁでもヘタに2等当たるよりは、その辺のショックは小さくて済みましたな。

毎回それは思うんですが、今回は52組の方々、そう気をもまずに頑張りましょう。

そういう私は、もう次回のtotoとBIGを購入済みです。



余談ですが自力本願のtotoの方の結果は、5勝8敗という普通の結果でした。

これはもう、どこまでもいつも通りでした。

ウケルって言うかウケイレラレナイだろ

シャワーを浴びてると、携帯に着信が。

北部在住の古い知り合いからでした。

かけなおして、あけましておめでとうございます、と新年の挨拶。

で少し話し込んでたんですが、水掛は地元でやってるとの事。

水掛やるんならチェンマイ行ったらいいじゃん、と言ったら、



「地元のほうがいい。古い友達や幼馴染とバッタリ再会できて、

 話したり遊んだりできるから。」 との事。



ふーん。まぁ、そうですかな。



「したら昨日、古い友達と再会したんだけど、

 なんかオカマになってんの。タロック・ディー(ウケル~)。」




ウケルで済んでしまうんでしたタイはそうでした。

ゴワジャ系タイカラ [タイポップ]

白石昇タソバンコクに戻っていらしたので、

酒でも飲みながら、って事になってました。



で、昨日モダンドッグのライブがセンタンワールド前で行われたので、

ライブ観ながら合流。 BMさんも合流。



ソンクラーンを翌日に控えた状況なので、例年の如く我慢汁が出まくり。

例年の如くゲレンデ効果同様の、びしょ濡れのタイ人おねぇちゃんは、かわいく見える。

そんなこんなしてビール飲んでたら、程なくライブも終了。



じゃ、タイカラにでも行って飲みますか、という普通の流れになりまして、

ペッブリーのソイ33のパクソイにある、ローカル・タイカラ屋へ向かいました。



そこはまぁやっぱりとてもゴワジャ系な所なもんで、

ゴワジャのすくつ (なぜか変換できない) な感じなんで、

Bodyslam とか POTATO とか通用しないんです。

シラ~ってなるわけよ。空気嫁的な感じに。

そこで、もしくはタソが、ゴワジャ系のシンボルである、

カラバオ蹴りこみゃ~あ~た、家屋が揺れる勢いなわけで。




コレ歌ってシラ~はチト辛い。
Bodyslam - ยาพิษ



まぁいいのさ。自分が楽しいからさ。周りも楽しけりゃ更に楽しいってだけの事なのさ。
Bodyslam - อกหัก




まぁ結論としては、曲のリスト本を開けて最初から3ページもカラバオ、

な店に行く時のために、カラバオをレパートリーに追加せよ、と。

なんちゃってメーサーイくらいしか、ろくに歌えないな、考えてみれば。

催淫剤入り飲料とな?

催淫剤入り飲料被害が拡大か [バンコク週報]




しなやかに目を血走らせながら、

ちょっとヤワラート行ってくる。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。