So-net無料ブログ作成

なんか暑いペナン

バンコクも暑いのに、なんでこうヘバるのか。

妙に暑くて、エアコン効いた所を求めてしまうのは何故か。

バンコクではそんなでもないのに。

と考えてたんですが、普段日中出歩かないからか、と自己解決。

フルーツシェイクやビールが美味い。メシも美味い。

さて、ビザ受け取ってバンコク帰るか。

やっぱたまには外に出るといいですな。


ペナンです眠いです

突然ですが、今ペナンです。

マレーシア航空で行くクイズ番組の景品でおなじみの、ペナン島です。

先ほど到着しまして、ビザの申請済ませて、もうやる事ないわけです。

で、毎度お世話になっている無料無線LAN屋台街に来てます。

眠いです。

今朝方まで飲んでて、そのまま早朝便でバンコクを発ったので、

今すごく眠いです。

宿で寝ればいいんですが、ここ夕方に閉まってしまうんで、

今の内にネットしとかな、と。

さて、今回は「喰う寝るガンダム」なペナン1泊ビザ取り旅行。

日常のバンコクの喧騒で疲れた気分を転換しようと考えます。

ホナ又。


あけましておめでとうございました

トンローでモーサイに乗るためペッブリーをそっち方面に向かって歩いていたら、

ファラン(西洋人)が「すいません、英語話せますか?」と聞いてきたので、

何かお困りの様子なんで話を聞くことに。

なんでも彼は手持ちのバーツがなく、両替をしたいのだが、

この辺に今、両替ができる所はあるか?と。

うーん、この時間は銀行も閉まってるし、ちょっと分かりませんねぇ、と言うと、

というかこの国のお金は、どういう感じなの?見たことないんで・・・

なんておっしゃる。なんじゃそら。今、着いたばっか?初めてタイへ?

どうやってここへ(略)

まぁいいや。で、財布の中のタイバーツを見せる。

あ、この他に、一番大きい額で1000バーツってのがあるよ、と伝えたって事は、

まぁその時サンプルと成り得る1000バーツ札が財布に入ってなかったわけだが、

それはまた、別の話。(森本レオ調)

で、彼は、申し訳ないが私のドルを適正レートで君自身が両替してくれないか、と。

う~ん、なんか観光客でもないのにこんな話になってる、私。

まだ来るもんなんですね、こんな罠。

で、彼はしきりにドルとタイバーツのレートを聞いてくる。

いやまぁ大体わかるけどあんま縁の無い数字だから最近のもチェックしてないし、

なもんで「申し訳ないけど知らない。」と答えると、

いやいやいや、レートだって。いくらくらい?と更に聞いてくるので、「知らない。」と。

え?何で?何でレートくらい知らないの?と妙に不思議がってるので、

あぁ、いつものアレか、と。理解したわけですその時。

なもんで彼の中の疑問を解決してあげました。

「あ、私、日本人なんすよ。なもんでドル対バーツのレートとかあまり関心がないもんで、えぇ。」

彼もそれじゃ獲物になり得ない、と諦め、去っていきました。

すいません、紛らわしい顔してて。




で、トンローをモーサイでスクムビットまで。BTSでプロンポンまでチケットを買ってると、

隣に日本人のおじさまが、まごまごモタついてます。

で、私のとこに歩み寄ってきて、やっぱりアレ。立て続けにアレ。

「えくすきゅ~ずみ~。サラディーン・ドコデスカ。」

「あ、サラデーンですか?ここですね。5番です。」

まぁ、最近は流暢な日本語でサクッと答える様にしてます、このアレな場合。

ドコデスカが片言の日本語なのは、おじさまなりの努力の表れと評価。

そして紛らわしい顔立ちについて心の中で詫びる。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。