So-net無料ブログ作成
-| 2006年02月 |2006年03月 ブログトップ
前の10件 | -

2月28日

雪だ。5年ぶりに見る雪だ。

クラスに私の年齢の半分しか生きてないアルゼンチン人のガキがいて、あまりにガキなんでウンザリしてるんですが、やつにとってこれが生まれて初めての雪らしく、授業そっちのけで窓際にずっと立って眺めてました。タイ人もこうなるんだろうなぁ。

授業中にかなりの勢いで降ってきて、終わった今は快晴。
「何も無かったかのようだわ・・・。」とビビアン談。
なんとも笑えるアイルランドの天気事情。
あー、さみ。風邪が治らない。

で昨日学校の受付でメアリーに
「この辺で国際FAX送れる所ある?」って聞いたら、学校でやったげるとの答えを頂いたので、プリントアウトしたメールと銀行の書類を渡しました。
「ん、これでいいのね?」とメアリー。書類を指差し少し愚痴る私。
するとメアリー、顔色変えて、「文句言わなきゃ、それ。いいわ、私がメール書いたげる。」といい、ものすごい勢いでメール打ち始めました。
あぁ、ありがとうございます。まぁ、もう無理なんだろうけど、ホントありがたいです。
そのお気持ちだけでも私にとっては救いです。ってうわぁ英語うめぇなぁやっぱ。

さて、返事は返ってくるのかなぁ。期待はしないで待つとします。

まぁ、かなりどーでーもいーいでーすよって感じで投げやりモードなんで。
投げやりなのに色んな事を考え込んで、睡眠障害発生中なんですが。

先日母親からメールがありまして、なんか私が夢に出てきたそうです。
なもんでやな予感もするもんだからメールしたらしいです。
私は何と返事を書けばいいのか、と。
「前歯が折れてパソコン盗まれて暴動があって当選したW杯チケットはキャンセルされましたが、私は元気です。心配しないでください。」
とでも書け、と?


2月27日

笑いに対するガイドラインがぬるすぎるよなぁ。
寒いじゃん。なんでそんな笑うの?
と思ってしまいます。
まぁ私は一人だけ別のポイントに壺入ってしまって、笑いを堪えるのに必死な時があるわけですが。
これを説明しても誰一人として分からないだろうなぁ。
日本人ならかろうじて可能性はあるけど、人によっては全く面白くない事だし、人によっては私の壺を分かってくれるだろうし。

さて今日は感情に関するイディオムなどをやりました。
もろテストに出そうだな、のっけから。月曜ですよ、今日は。
で、ジョンが現在完了形や過去完了形、そして未来完了形と未来完了進行形まで解説してくれました。とても分かりやすかったです。やっぱゆっくり分かりやすく話してくれる方が私にとってはありがたい感じです。

さてさて。

数日前FIFAからメールが来ました。

なんとキャンセルのメール。

金の振込みが確認できなかったそうだ。

もうね、ウンザリ。どうでもよくなった。
一応、バウチャーあるならFAXしろって書いてあるんでFAXしますが、好きにしてくれって感じ。
私にとっては一応幸運な事になるであろうチケット当選でしたが、なんか何もかもがこういう方向に流れていく仕組みなんですね。
すごいストレスです。
心が折れそうです、いい加減。

パソコンが日常的に身近に無くて、禁煙中で、授業中はスペイン・フランス訛の意味不明な英語に悩まされ、歯は折れるし食事にモロ影響でてるし、フェリーのチケットのリファンドやパソコン盗難の事故証明書等の申請に頭を痛め、街に出りゃ暴動だし、そしてチケットのキャンセルですか。
ストレスの塊です今。

とっとと切り上げて帰るかな、マジ。


2月26日

昨日のデモはその後拡大して、店のガラスが破壊されたり車が炎上したりで、完全に暴動に発展した感じです。
ホストマザーは「私もなんでなのかよくわからないわ。」と言いながら、この国に平和は訪れないと嘆いておりました。
「あなたも絶対パブとか人前でIRAの話はしては駄目よ。どこで誰が聞いてるんだかわからないんだから。もし近くでIRAのシンパが話を聞いていたら、その後つけられて何をされるか・・・。」
と忠告を受けました。まぁ、しませんが・・・。

ホストの息子さんの話をざっと聞いた感じでは、アイルランドとの統一を反対する親ブリテン派の北アイルランド人達がデモをダブリンでして(なんで彼らはダブリンに来てデモをするのか本当にわからないと言ってましたが)、それがエスカレートしてって暴動に発展した、との事でした。
でも、イギリスの新聞やニュースでは見方が違ってて、やっぱ立場が違うと解釈も違うのは当然かなという感じ。
日本の報道ではほとんどこのニュースは見かけない感じですが、
http://news.tbs.co.jp/headline/tbs_headline3234345.html
これ読む限り

アイルランドでデモ隊と警察が衝突

 アイルランドのダブリンで25日、カトリック系の住民ら数百人が警官隊と衝突し、少なくとも37人が逮捕、14人が病院に運ばれました。

 アイルランドの首都ダブリンで25日、プロテスタント系北アイルランド人がアイルランド政府に、カトリック系過激派組織のIRA=アイルランド共和軍に殺害されたとされる犠牲者の死の真相究明に協力を求め行進を予定していました。

 これに対して、対立してきたカトリック系の住民ら数百人が行進に対する反対デモをしていたところ参加者の一部が警戒に当たっていた、警官隊にガラスびんや花火などを投げつけ、車3台をひっくり返し火をつけるなど暴徒化しました。

 AP通信によりますと、警察官6人とジャ-ナリスト1人を含む14人が頭を負傷するなどして病院に運ばれ、十数人が軽い怪我をしたということです。また、デモ参加者少なくとも37人が逮捕されたということです。この影響で行進は中止され、1000人近くいた参加予定者はダブリン郊外にバスで避難しました。

 北アイルランドではカトリック、プロテスタント双方の住民がおよそ30年にわたって対立し、3000人以上が死亡しています。(26日12:48)

んー、完全にカソリック系、悪者ですね。
まぁ、適当に表面だけ舐めた感じで情報収集して、たいして理解もしてないのに言及するのも良くないんで、あまり触れないようにしますが。
とりあえず、生半可な知識で軽率に意見は言えませんのでこの辺で。

話は全く変わって、ドッグレースに行ってきました。
トータルで2.80ユーロ浮き。
でも入場料が学生半額割引でも5ユーロ。タクシー往復三人で割って一人5ユーロ程。
足でまくりですが、でもまぁ楽しかったからよしとします。

というかガキが余裕で賭けに参加してる文化、マジうけます。


2月25日

ネットやりに市内にきたら、なんか大変な事になってるんですけど。

メインストリートのオコーネル通りが閉鎖されてて、店という店がシャッターを閉め始めて、あたりはサイレンが鳴り響いてて、人もみんな騒然としてて、ものすごく殺伐としてます。

で、オコーネル通りまで様子を見に行ったら、愕然。
竜巻でも通り過ぎたかのように、道路が破壊されてます。
通り沿いの店は被害がないので、暴動ではないようなんですが、丁度オコーネル通りは工事中だったので、それを仕切る柵などはもうしっちゃかめっちゃかに散らばってます。

そうこうしてる内に、GPO付近で炎が立ち上がり、黒煙が舞い上がり、道路を破壊してそのブロックが方々に放り投げられて、シュプレヒコールが鳴り響き始めました。
デモなんでしょうけど、ちょっとデモの範疇を越えてる感じです。

そういえば昨日、ホストマザーが「北アイルランドから人がたくさん来て、物々しい事になってるけど、オコーネル通りで何か喧嘩とか無かった?」って言ってました。
詳しく聞いてなかったし、全く何も無かったから、話はそこで終わったんですが、今日帰って聞いてみようと思います。


2月24日

もうね、ホント混乱。
過去形・過去完了形・過去完了進行形・・・いい加減にして下さいよ。
なんかゴッチャゴチャになって、わけわからん。
原則はわかってるんだけど、文の中で基軸が動いて、過去形で始まった文のその段階より昔の出来事を、過去完了形でなくまたしても過去形で書いてたりして、意味が分からん。

偉い方のリアムが代打で授業に来た時、
「この中に文法の天才はいるかい?」
とみんなに聞いて、
「いるわけないでしょ。」
とみんなで答えたら、
リアムは
「ここには日本人が二人もいるじゃないか。」
と。

今日の私は、そんなリアムのイメージを根底から覆す体たらくぶり。
いやいや、偉大な先人達が築き上げてきた礎を砕いてしまい、申し訳ないっす。
でも、間違ったイメージは改めないとね。
まぁ、「文法の」ってのがポイントなんですが。話すの苦手なの大前提なんよね。
いや、でも日本人は文法は他より強いのは確かだろうから、俺か。俺の問題か。

いや、こないだジョンが説明してくれた時は、少しわかった感じがしたのよ。
でも、やっぱビビアンのスイスイスイーッって感じで流れていく説明のペースにゃついて行けず。
いや、あなたの言いたい事はわかるんだけど、理論に矛盾があってバシッと斬られた感じがしなくて納得いかないのよ。

まぁいいや。後で一人で教科書の基本的な理論を読み直して納得するとしよう。
ビビアンの説明を聞いてると、混乱するばかりだ。
いや、もちろん問題は私にあるんですけどね。ビビアンではなく。だって他のみんなは、分かってる感じだから。

週末恒例のテストですが、ちゃんと勉強したおかげで、なんとか今までの様な散々な結果からは脱出しました。隣に結構英語のレベルが高いスペイン人の兄ちゃんがいるんですが、そいつより点が良かったから、とりあえず御褒美として今日のパブナイトは3パイントは飲んでもいい事にします。飲みたくなったら4パイントもオッケーとしますか、な。


2月23日

ジョンの授業でgetに関する句動詞がわんさか出て、これらもテスト範囲との事。
もうパンクしますよホント。
事情を知らないビビアンは、単語の発音についてのプリントを渡してサクッと「ここもテスト範囲よ~。」なんて言ってくれちゃって。
みんなで一斉に「ここも範囲なわけない。かなりの範囲があるんだから。」と攻撃すると、苦笑いとともに、範囲じゃない事を認めました。
まぁ、単語の発音はその場で考えられるからいいんだけど、別に。
テスト範囲のは全部、まず覚えて、そっから例文を書かなきゃいけないから。
まず覚えて、ってのが相当しんどいっす、今の私のカピカピな脳細胞では。

まぁ最近だいぶ授業には慣れてきたんで、ついていける様にはなってるんですけど、逆に淡々と日々が流れ始めてきてるから、ここでいっちょガツンと復習して、今週のはバッチリ身につけたい所です。実際、結構使えるもんばっかだと思いますし。

ちなみに昨日の授業は、ミスタービーンの半生を教材にした授業だったんですが、英国人で4番目に有名な人物になった、って件があって、ではあなた達の国で世界的に有名な人は誰?って話になったんです。
で、聞かれたから、うーん、アキラ・クロサワとかリューイチ・サカモトとかナカタとか?
って答えたんですが、結局日本人で一番有名なのはヨーコ・オノって事になってしまいました。
ヨーロッパの人達は大体、上記の三人は知ってるんだけどねぇ・・・。
で、それぞれの国の人達に聞いてったんですが、韓国人に聞いたら・・・。
誰がいるんだろうと思って、興味深く耳を傾けてたわけですが、結局答えられませんでした。
うーん、そうだよなぁ、いないよなぁ、誰も。
で、スイス人のフリージャーナリストのじいちゃんも、「スイスには誰もいない。」って言ってたんです。
でも今日になって、昨日あんな事いったけど、家に帰るバスの中で、マルチナ・ヒンギスとかブラッターFIFA会長とかいたっ!ってわざわざ話題を穿り返してきちゃって・・・。
ジョンもジョンで、誰もいないって言ってたのは日本人だったと思い違いしちゃって、あ、そうそうヨーコ・オノだったね、でも誰もいないって誰か言ってたよね誰だっけまぁいっか。みたいな事に。
つーか、日本人で世界的に有名な人物って誰かいますかね、他に。バシーッと来る人。
ぶっちゃけナカタが一番有名なんですけどね。


2月22日

フィギュアスケート見ようと思って陣取ってたのに、こっちでは放送されませんでした。
しゃあないからレアルvsアーセナルに走りました。

さて昨日・今日と、いかにも金曜のテストに出る臭がプンプンなのが連発してて、ガッツリ復習せねばなりません。
それにしても色々ある中で一通り理解はしてるものの、唯一わからないやつに限って当てられたりします。
まぁ、That`s the story of my life ! ってやつですが。ネタ人生ですし。
That`s life ! や This is the life !  辺りとの微妙な違いも抑えておかなければ。
その他、会話でも使える決まり文句もたくさん。
あとveryは使えない強調語もたくさん。
昔にならったのでは absolutely くらいしか記憶にないし。
めっちゃたくさんあるし、これらが使える言葉にはveryは使えないし、使わない言葉にはveryじゃないといかんし。
あー頭いてぇ。

さて今日授業でジョンが言ってたんですが、テンプルバーストリートにU2のボノが経営してるホテルがあって、ダブリンに居る時は大体そこにいるそうです。
The Clarence Hotel って名前だそうです。
今はブラジル辺りでツアーの最中らしいから、行っても無駄ですが。
つーか、あのでっかい自宅にはいないんかいな。
あ、そうそう、アイルランドでは、アーティストは税金払わなくていいらしいです。なんて芸術方面に理解のある国家なんでしょう。
だからボノだってエンヤだって税金払ってないそうです。私がもしアーティストだったら住所ここに移しますね恐らく。まぁ、もちろんホテルやパブとかの経営に関しての収入については税金払ってるんでしょうけど。
アイリッシュは芸能人に対しても、グワッと囲んでサインしてくれ握手してくれ的な攻撃はせず、逆に見ないように努めるらしいです。そういう意味でもアーティストにやさしい国家ですな。
あんだけ人懐っこい国民なくせして。
なんかタイ人と同じですな。人懐っこいくせに芸能人には話しかけないなんて。


2月21日

ビビアンが今日も休みだったので、今日も代打で違う先生だったんですが、それが何と偉い方のリアム。
えぇ、ここの校長先生みたいなもん?
私のパソコン盗難事件の顛末を聞いて、「ファック!」と言い放つ人です。
今日知ったんですが、41歳らしい。
という事は8年前は当然33歳・・・。
当時の偉い方のリアムに肉薄する年齢になってるではなひか・・・。

でもなんか普段よりずっと気軽にスピーキングが出来る気がする。
ジョンポールやイアンもそうなんだけど、やっぱ8年前からいる人達と話すときは、リラックスして言葉もスイスイ流れるように出てくる感じがするなぁ。
向こうの過剰評価に対しては、ちょっとした緊張を覚えるけど。

さて今日は安藤美姫を見なくては。
でもレアルvsアーセナルがかぶりそうなんだよなぁ・・・。
そっちも見たいし。
明日はチェルシーvsバルサも熱いし。
あ、偉い方のリアムはチェルシーファンらしく、鼻息荒かったです。
まぁ、チェルシーファンなんてどうせにわかだろうと思って突っ込んだら、なんと41年来の筋金入りのチェルシーファンだそうで。おみそれいたしやした。今度、近年の現況についてどの様な意見をお持ちなのか聞いてみたいと思っております。


2月20日

今日はビビアンが休みで代打ジョンポールでした。
ペースがゆっくりなんで、落ち着いて授業を受けられました。

さて今日の放課後に、いい加減ワールドカップのチケット代金をドイツの銀行に振り込まなきゃいけないし、また、ATMのカードも未だに送られてこないんで、その両方をやっつけるために銀行に行ってまいりました。

ATMのカードは相変わらずチェックすると言われて待たされて、もしかしたら・・・って感じでM行を探したら、やっぱりそこにありました。私のはN行です。
脱力。

で、その後FIFAからのインボイスEメールをプリントアウトしたやつを見せて、ドイツに金おくりたいんですけどっつったら、インターナショナルなんたらに行ってくれと言われ、行ってインボイス見せたら用紙渡されて、これに記入しなくてはいけないと言われました。
めんどくせー。インボイス渡すから、やってくれよ。
とも思ったけどまぁいいや。

で、よくわからんままとりあえずそれっぽい所に、明記されてる情報を書き込んで、なんとなく終了。その銀行にアカウントがあるもんだから、そっから直接送金してくれるらしくて、なんかコミッションかからないっぽい。わからんけど。

つってもさっきATMカードもらったばかりだから、アカウント残高はゼロ。
で、今すぐ入れろって事で、ATM行ったら、なんか引き出ししか出来ません。
窓口行って、引き出ししか出来ないのかどうか聞いたらやっぱそうらしく、結局窓口で100ユーロ程預けました。なんだよ、預け入れすら出来ないのかよATMで。

まぁこれで支払いは済んだんですが、3営業日かかるそうです。まぁ、最長でもって事だろうけど。
締め切りは24日なんで、ギリです。


2月19日

今日はセルティックの試合があり、中村俊輔もそろそろ復帰の頃合なんで、シティセンターまで出て先週見に行ったパブでギネス飲みながら観戦。

マルチェッロもついてきたんですが、彼はイタリア人のくせにサッカーに興味がなく、「来てもいいけど、多分マルチェッロにとってはつまらない休日になるよ。」と一応言っておきました。
まぁ彼は酒があるからOKなんだけど。

で、パブのビッグスクリーンで見てたんですが、我々の前に陣取ったガキンチョが、中村俊輔のユニフォームを着てて、ちょっと嬉しかったです。
がしかし肝心の俊輔はまたしてもサブ。怪我が完全に癒えてない模様。
カメラが俊輔の姿を捉える度、ガキンチョがため息。

試合は完全にセルティックのボロ勝ちパターン。結果は8-1だったんですが、この展開だと俊輔の出場はないだろうなぁ・・・と思っていた残り10分。

監督がベンチに戻り、座った横には俊輔が。
監督が俊輔に何か話しかけると、俊輔もつたない感じですが何かを言って、しばらくの間そのやりとりがカメラに映されてました。
それを見た私の周りに陣取る観衆、大盛り上がり。
出て来い出て来い言い始めます。
しばしのやり取りの後、俊輔がおもむろにジャージを脱ぎ始めると、パブは更に大盛り上がり。
ガキも大喜び。すっかり俺目線。メチャ見てるこっち。
おぅおぅ、そうだな、よかったな、嬉しいな俺達。

でようやく俊輔出場。
ガキは俊輔がボールに触る度に、「シュンッ!」って言ってます。
相当ファンみたいです。
まぁ、スコティッシュリーグであのプレイスタイルは異彩を放ってるだろうからねぇ。

結局数分の出場に留まりましたが、中々嬉しい光景を目にしたんで満足でした。


前の10件 | -
-|2006年02月 |2006年03月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。